読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3項目以上のスクリーニングを組み合わせる方法

スクリーニング応用

 

 

今回は自分で3つ以上のスクリーニング項目を組み合わせる方法を説明します。

 

まだスクリーニング方法の基本を見てない方は

を先に確認しましょう。

3項目をスクリーニングに組み込む

今回は以下の3つのスクリーニングを使います。

  1. 東証2部の銘柄
  2. 東証1部の銘柄
  3. 売上高が500億円以下の銘柄

そして、「1」または「2かつ3」というスクリーニングを作りたいと思います。このスクリーニングの目的としては「基本的に東証2部銘柄が欲しいけど、ついでに東証1部で規模感の小さい銘柄も抽出したい」という場合に使えます。

 

次にそれぞれの条件式は以下のように記入します。

 

 

◉1「東証2部の銘柄」の記入方法

f:id:aokiryu-zi:20170219144559p:plain

◉2「東証1部の銘柄」の記入方法

f:id:aokiryu-zi:20170219144622p:plain

◉3「売上高が50億円以下」の記入方法

f:id:aokiryu-zi:20170219144649p:plain

※今回は分かりやすく連結会社のみを使用します。

 「1」または「2かつ3」を組む

3つのスクリーニングの追加が完了したら、次に「1」または「2かつ3」の条件を組み込みます。以下はそのイメージです。

f:id:aokiryu-zi:20170219150024p:plain

「スクリーニング条件式の関係」に半角英数字で 1 OR (2 AND 3) と記入します。

f:id:aokiryu-zi:20170219150452p:plain

この状態で【表示】をクリックすると、スクリーニング結果が表示されます。

f:id:aokiryu-zi:20170219150736p:plain

「1かつ3」または「2かつ3」を組む

ここで、「売上高50億円以下の東証1部と2部の銘柄を抽出したい!」と思った時の方法をご紹介します。

 

「1かつ3」または「2かつ3」のイメージは以下のようになります。

f:id:aokiryu-zi:20170219151328p:plain

「スクリーニング条件式の関係」に半角英数字で (1 AND 3) OR (2 AND 3) と記入します。

 

f:id:aokiryu-zi:20170219151717p:plain

こうすることで、売上高50億円以下の東証1部と2部の銘柄を抽出することができます。

4項目以上をスクリーニングに組み込む

ここで私がよく使っている「複数の注目見出し」をスクリーニングする方法をご紹介したいと思います。

見出しでスクリーニング

四季報では見出しがとても重要で、その会社の状態を端的に知ることができます。

 

例えば、会社が好調の時に出てくる見出しは

  • 連続最高益
  • 最高益
  • 独自増額
  • 続伸
  • 上振れ

などのプラスの表現の見出しが出てきます。なので、それらの見出しを一気に抽出できるととても有効です。

5つの見出しを組み込む

今回は「東証2部で連続最高益・最高益・独自増額・続伸・上振れの見出しの銘柄」を抽出します。

 

方法はいたって簡単で、3項目のスクリーニングで組んだやり方を増やすだけです。イメージは以下のようになります。

f:id:aokiryu-zi:20170219154108p:plain

スクリーニング条件は

  1. 東証2部の銘柄
  2. 見出しが【連続最高益】の銘柄
  3. 見出しが【最高益】の銘柄
  4. 見出しが【独自増額】の銘柄
  5. 見出しが【続伸】の銘柄
  6. 見出しが【上振れ】の銘柄

の 6項目で追加します。

 

「スクリーニング条件式の関係」に半角英数字で

 (1 AND 2) OR (1 AND 3) OR (1 AND 4) OR (1 AND 5) OR (1 AND 6) 

または

 1 AND (2 OR 3 OR 4 OR 5 OR 6) 

と記入します。

f:id:aokiryu-zi:20170219155131p:plain

f:id:aokiryu-zi:20170219155142p:plain

どちらも同じ意味ですが、自分が理解しやすい方でいいです。

 

この状態で【表示】をクリックし、スクリーニングをすると「東証2部で5つの見出しを持っている銘柄一覧」を表示することができます。

f:id:aokiryu-zi:20170219155234p:plain