読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくらくスクリーニングの使い方

使い方

f:id:aokiryu-zi:20170217175311p:plain

 

 

 

 らくらくスクリーニングの特徴

らくらくスクリーニングでは、1つのスクリーニング項目について手早くスクリーニングをすることができます。

  

例えば

「東証1部の銘柄だけのグループを作りたい!」

「PER12倍以下の銘柄だけをまず抽出したい!」

「決算月が12月の会社だけ表示したい!」

などの簡単にスクリーニングをしたい場合に使います。

 

私の場合はスクリーニング項目が多岐に渡るので、簡単スクリーニングは「グループ登録」のために使っています。

スクリーニング方法

基本的な操作方法

手順① スクリーニングの項目を選択する

スクリーニング一覧から、スクリーニングしたい項目を選択します。結構細かくなっているので最初は「なんじゃこりゃ」となりますが、四季報の本を片手に照らし合わせていけば、そのうちわかるようになります。

f:id:aokiryu-zi:20170217175529p:plain

今回はPBRの数値でスクリーニングをしてみましょう。項目の一番下にある「株価指標関連」>「PBR(倍)」>「(直近)」を選択します。

f:id:aokiryu-zi:20170217175841p:plain

手順② 演算子と条件値を設定する

項目を選択すると、演算子と条件値を設定することができるようになります。

演算子と条件値は2つでワンセットで、「PBRが1倍以下」を設定するときは

  • 演算子・・・<=
  • 条件値・・・1

を設定してあげることでスクリーニングできます。

f:id:aokiryu-zi:20170217181742p:plain

 【演算子一覧】

  • 表示のみ・・・全ての銘柄のその項目を表示
  • 等しい・・・・条件値と全く同じ
  • 含む・・・・・条件値を含んでいる
  • 含まない・・・条件値を含まない
  • =・・・・・・条件値と同じ
  • <・・・・・・条件値より小さい(条件値は含まない)
  • >・・・・・・条件値より大きい(条件値は含まない)
  • <=・・・・・条件値以下(条件値は含む)
  • >=・・・・・条件値以上(条件値は含む)
  • <>・・・・・条件値を含まない

 

演算子と条件値を設定したら「検索」をクリックすると、検索候補数が表示されます。大丈夫であれば、「表示」をクリックしましょう。

f:id:aokiryu-zi:20170217183112p:plain

手順③ 表示する時の並び替えを設定する

 表示する時の並び替えを設定します。画像のようにPBRの大きさ順に並び替えることもできるし、銘柄コード順に並び替えることもできます。f:id:aokiryu-zi:20170217183702p:plain

設定か完了したら「OK」をクリックします。すると、スクリーニング結果が表示されます。

f:id:aokiryu-zi:20170217183840p:plain